活用事例

 
 
 

1. 新興メディア企業様

記事テーマを探すために、イベント情報やカルチャー、エンタメなどのトピックについてフィードを構築。情報のいち早いキャッチアップだけでなく、国外情報や SNS のニッチなテーマを発掘し、コンテンツ制作に活用。

膨大な情報を AI によってフィルタリングして、ノイズを排除することで、編集者の仕事を効率化。

 
 

2. 大手インフラ企業様

特定地域の事故情報について、いち早くキャッチアップ。人身事故と物損事故、事故原因、被害状況などに応じて、情報を振り分け(カスタマイズ)。

クライアントにいち早く事故情報を提供するとともに、新たなインフラ整備の営業機会として活用。

 
 
 

3. 大手 IT 企業様

クライアント情報を全てフィードとして構築。クライアントのインシデント情報にいち早く対応するだけでなく、その新製品や決算情報を漏らさずキャッチすることで、提案の切り口として活用。

 
 

4. 金融系コンサルティング企業

クライアントのメディア露出および IR 関連情報などを取得して、アドバイザリーに活用。

関連ニュースが膨大になるため、メディアやトピックにより重み付けをおこない、重要ニュースのみを検知。これまでアナリストが手作業で収集していた時間を 1/3 にまで改善。

 
Your cart